過去の放送過去の放送

    株式会社 玉プレ

    自動車部品の製造から始まった「玉プレ」は2016年に新たなものづくりの第1歩を踏み出しました。それは「フルーツトマトの栽培」です。「ものづくり」という共通項があるものの、ゼロからのスタートで新たな分野にチャレンジしています。現在スーパーマーケットや道の駅で販売しているブランド「玉プレミアム」は、通常のトマトより糖度が高いのが特徴でリピーターも多いそうです。またアイメックという特殊なフィルムを使った独特の栽培方法にも注目です。

    ライト電業株式会社

    営業力、技術力、組織力を柱に「技術商社」として成長を続ける「ライト電業」
    「制御」「情報」「軽装」「環境」の領域をサポートし、お客様の悩みや要望に対して技術力で解決しています。
    得意分野はロボットや画像検査を用いた自動化システム。最近ではAI(人工知能)、VR(拡張現実)を利用したシステムやビッグデータの管理、効率化を図るシステムも提案しています。企業が目指す将来のビジョンや技術スタッフの熱い想いなどを紹介します。

    勇心酒造株式会社

    江戸時代から続く造り酒屋「勇心酒造」は、これまで培った醸造発酵技術をお酒だけでない分野に持ち込もうとしました。長きにわたる研究開発の結果生まれたのが「ライスパワーエキス」これを用いたスキンケア商品は、人が本来持っている「美しくなる力」を再び目覚めさせる効能があるそうです。自然や人、さまざまなものに「生かされている」という考え方から生まれた勇心酒造の魅力にせまります。

    株式会社 長峰製作所

    スマートフォン、ウェアラブル端末、自動車など、現代の日本に欠かせない生活アイテム。その中に入っている精密な部品やその部品を作るための金型を製作しているのが長峰製作所です。超精密成型加工品と呼ばれるそれらはミクロン単位の制度を求められるモノばかり。現在の主力は「マウンターノズル」などのセラミックス製品、温水便座や高速道路のトンネルの中に入っている「ハニカム触媒」など、製品の中には日本のシェアの半分を占めるものもあるそうです。また長峰製作所の技術力を身近に感じてもらうために、産学官連携で楽器=オカリナも製作、販売しています。金型から一貫生産できる強みと、100年を超える伝統に裏打ちされた技術力。長峰製作所は時代の変化に対応しながら「驚きと感動のモノづくり」を続けています。

    宮下酒造株式会社

    限りなき挑戦を続ける酒造メーカー宮下酒造。原点である日本酒作りの技術をビールや蒸留酒などにも応用し、岡山の酒文化に新風を起こしています。代表銘柄は全国日本酒鑑評会7年連続金賞受賞の大吟醸「極聖(きわみひじり)」や、中四国初の地ビール「独歩(どっぽ)」米焼酎をベースに十数種類のボタニカル(香味植物)を独自配合した「クラフトジン岡山」など。
    創業100年を記念して6月30日には観光酒蔵「酒工房 独歩館」もオープン。ここでしか飲めないお酒や、そのお酒に合わせた料理を提供するレストランとショップが併設され、宮下酒造の魅力を身近に感じてもらう施設になっています。