高松北警察署に勤務する男性職員が覚せい剤の様なのものを譲り受けたとして、麻薬特例法違反の疑いで7月27日、警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、高松北警察署 警務課 主任で高松市多肥下町の行友了容疑者(47歳)です。
行友容疑者は、インターネットを使い覚せい剤の取り引きした人物から、今年1月13日の夜、高松市内のドラッグストアの駐車場で覚せい剤の様なものを若干量、譲り受けた疑いです。
県警は行友容疑者の認否を明らかにしていませんが、譲り受けた目的や、金銭のやりとりがあったかなどについて今後捜査を進める方針です。
警察職員の逮捕を受け、香川県警の河合潤一郎首席監察官は「誠に遺憾であり、捜査で明らかになった事実に即して厳正に対処する。職員一人ひとりに対する指導を徹底し、再発防止に努めたい」とコメントしました。