岡山・香川のニュース

香川で初のワークショップ 被災文化財の処理法 学ぶ

津波などで被災した文化財の保存・修復に向けた処理方法を学ぶワークショップが19日、高松市の香川県立ミュージアムで開かれました。 地震や豪雨など全国で自然災害が相次ぐ中、被災した文化財をどう再生していくかが課題になっています。ワークショップは…

2020年2月19日

新型コロナウイルス 中小企業の影響を情報共有

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業への影響を把握するため、岡山県は19日、 関係機関と会議を開き情報を共有しました。 会議には、商工会や金融機関など12団体が出席し、新型コロナウイルスについて中小企業から寄せられている相談内容を共有し…

2020年2月19日

競技の枠を超え トップスポーツ競技会 発足

岡山県内のトップクラスのスポーツチームが競技の枠を超えて手を組み、スポーツ振興を図ろうという協議会が、きょう発足しました。 発足したのは「おかやまトップスポーツ協議会」で、ファジアーノ岡山や岡山シーガルズ、天満屋女子陸上競技部など、プロアマ…

2020年2月18日

豪雨被災小で授業再開 約600日ぶり母校に「ただいま」

2018年の西日本豪雨で被災した倉敷市真備町の箭田小学校が、きょうから元の校舎で授業を再開させました。 箭田小学校に帰ってきた子どもたちを、地域住民が出迎えます。 西日本豪雨から約600日。 止まっていた時間が動き出しました。 全国から寄せ…

2020年2月18日

2019年の瀬戸内国際芸術祭 経済効果は約180億円で過去最高

去年、瀬戸内の島々を舞台に繰り広げられた現代アートの祭典・瀬戸内国際芸術祭。その経済波及効果は、約180億円に上り、過去最高となったことが分かりました。 日銀高松支店と瀬戸内国際芸術祭の実行委員会によりますと、去年4月から11月まで春、夏、…

2020年2月17日

ファジアーノ選手が「e-Tax」をPR 2019年分所得税の確定申告スタート

2019年分の所得税の確定申告が17日、全国一斉に始まりました。岡山市では、ファジアーノ岡山の選手が電子申告システム「e―Tax」を模擬体験し、利用をPRしました。 2019年分の所得税の確定申告は、個人事業者や年金受給者、年収2千万円以上…

2020年2月17日

中四国の自治体では初 岡山市 「就職氷河期世代」採用 募集開始

岡山市は13日から、バブル崩壊後の就職難に苦しんでいる「就職氷河期世代」を対象に 正規職員の採用試験の募集を始めました。 岡山市の大森市長が、13日の会見で発表しました。氷河期世代を対象とした職員の採用募集は、中四国の自治体では初めてです。…

2020年2月13日

ファジアーノ岡山 カウントダウンボードで開幕戦PR

サッカーJ2の開幕まであと10日となりました。ホームで開幕戦を迎えるファジアーノ岡山を応援するカウントダウンボードが13日、JR岡山駅に設置されました。 除幕式には、ファジアーノ岡山の北川真也社長や福元友哉選手らが出席しました。北川社長は「…

2020年2月13日

新型コロナウイルス 岡山県が医療機関などにマスク配布

新型コロナウイルスの感染予防で需要が高まり、全国的にマスクが品薄状態になっていることを受け、 岡山県は12日から、備蓄していたマスク約8万7000枚の無償配布を、医療機関などに向けて開始しました。 無償配布するのは、県が備蓄していたマスク約…

2020年2月12日

子どもたちの声が再び 真備町・川辺幼稚園に園児戻る

子どもたちの明るい声が戻りました。西日本豪雨で被災した倉敷市真備町・川辺幼稚園の復旧工事が完了し、12日、園児が元の園舎に帰ってきました。 1年7カ月ぶりに元の園舎に戻ってきたのは、倉敷市真備町・川辺幼稚園の園児たち。待ち望んでいた地域の人…

2020年2月12日
120ページ中1ページ目
ページトップヘ