秋の行楽シーズンを前に美作市消防本部はきょう、岡山県の消防防災ヘリコプターと連携した山岳救助訓練を行いました。

訓練は美作市の美しい里山公園で登山者2人が負傷したとの想定で行われ、市消防本部の消防隊員ら約30人が参加しました。美しい里山公園は標高300メートルほどの低い山ですが登山道が急で負傷者が出るおそれがあります。訓練では、消防隊員が負傷した登山者を発見、体調に異常がないかなどを確認しました。その後、到着した岡山県の消防防災ヘリコプターと連携し、本番さながらにワイヤを使った収容作業を行いました。美作市消防本部によりますと、今年の山岳への救助出動件数は、すでに去年一年間と同じ2件発生しています。