北海道の海の幸やスイーツを一堂に集めた「大北海道展」が12日から、岡山市のデパートで始まりました。

大粒のイクラやカニなどずらりと並んだ新鮮な海の幸。
岡山高島屋で始まった「大北海道展」には初出店10店を含む54店が出店し、約900種類の自慢の味が楽しめます。
岡山高島屋限定販売の嶋田商店の「いばらかにバターステーキ弁当」は、バターにつけ込んであぶった北海道産の「いばらかに」と「花咲がに」を盛り付けています。
北海道十勝地方にある「カントリーホーム風景」の発酵バターソフトも人気。
濃厚な牛乳ソフトクリームに、十勝産で深いコクが特徴の発酵バターを練り込んでいて、溶かしバターもトッピングしてあります。
大北海道展は、岡山高島屋で一番人気のイベントで、今回は初出店も多いことから、去年より10パーセント増の売り上げを目指します。
大北海道展は、一部商品を入れ替えながら9月24日まで開かれます。