放送内容

放送日時:10月5日(木)夕方5時40分~5時55分

「彰子おばあちゃんのいも団子」

「彰子おばあちゃんのいも団子」

広大な自然が広がる北海道鹿追町の元酪農家 鳰彰子さん71歳に特産のジャガイモを使ったこの地方の郷土料理「いも団子」を教わります。ゆでたジャガイモをつぶして片栗粉と混ぜるだけの素朴なおやつですが彰子おばあちゃんが小さいころ祖母から受け継いだ味を伝授してくださいます。

放送日時
10月5日(木)夕方5時40分~5時55分
放送日時:9月21日(木)夕方5時40分~5時55分

「多美江おばあちゃんのいちじくのクラフティ」

「多美江おばあちゃんのいちじくのクラフティ」

岡山県備前市の岩見多美江さん70歳に「いちじくのクラフティ」を教わります。クラフティとは温かいまま食べても絶品の焼き菓子のこと。備前の特産品のいちじくをふんだんに入れて作るクラフティは岩見さんが営む喫茶店の人気メニューで、オープン当初からお客さんに愛されている一品です。

放送日時
9月21日(木)夕方5時40分~5時55分
放送日時:9月7日(木)夕方5時40分~5時55分

「厚子おばあちゃんのじゃがころ」

「厚子おばあちゃんのじゃがころ」

岐阜県郡上市の西川厚子さん70歳に「じゃがころ」を教わります。「じゃがころ」は皮が付いたままのジャガイモを砂糖やしょうゆなどとともに鍋に入れて、煮っ転がす豪快な家庭料理。白いご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもよく合う、この地域のおふくろの味です。

放送日時
9月7日(木)夕方5時40分~5時55分
放送日時:8月24日(木)夕方5時40分~5時55分

「厚子おばあちゃんのえごまげんこつ」

「厚子おばあちゃんのえごまげんこつ」

岐阜県郡上市の西川厚子さん70歳に「えごまげんこつ」を教わります。「げんこつ」とはこの地域で昔から食べられている固いあめのこと。厚子さん自身も所属する地元の農産加工グループ「土里夢(どりーむ)」では、このあめに地元で収穫した「えごま」を入れた商品を考案しました。硬い食感と香ばしい風味が癖になる一品です。

放送日時
8月24日(木)夕方5時40分~5時55分
放送日時:7月27日(木)夕方5時40分~5時55分

「咲子おばあちゃんの小松菜とエビ団子の煮物」

「咲子おばあちゃんの小松菜とエビ団子の煮物」

東京スカイツリーの見える街、東京都江戸川区の特産品は「小松菜」。東京生まれ、東京育ち生粋の「江戸っ子」浅井咲子さん80歳にこの小松菜を使った「小松菜とエビ団子の煮物」を教わりました。エビ団子は前もってゆでる。煮汁は最後に煮詰めて注ぐなど、細かい配慮が行き届いた料理は見た目も鮮やかで優しい味の一品です。

放送日時
7月27日(木)夕方5時40分~5時55分
放送日時:6月29日(木)夕方5時40分~5時55分

「みなこおばあちゃんのカリカリ梅」

「みなこおばあちゃんのカリカリ梅」

岡山市の杉山南子さん73歳に「カリカリ梅」を教わりました。南子さん自身はあまり好きではないそうですが、亡くなったご主人や娘さんが大好きだからという理由で作り続けてきたというカリカリ梅。カリカリに仕上げる秘訣は意外な“あれ”を一緒に漬け込むことでした。

放送日時
6月29日(木)夕方5時40分~5時55分
放送日時:6月15日(木)夕方5時40分~5時55分

「滋子おばあちゃんのニギスの団子汁」

「滋子おばあちゃんのニギスの団子汁」

愛知県蒲郡市の井澤滋子さん72歳に郷土料理「ニギスの団子汁」を教わりました。ニギスはその見た目から別名沖ギスとも呼ばれる深海魚。ニギスのすり身のほか、ニンジンやサトイモ、みそなどで作る団子が入ったうしお汁は漁業や農業が盛んな蒲郡の栄養食です。

放送日時
6月15日(木)夕方5時40分~5時55分
放送日時:6月1日(木)夕方5時40分~

「美智子おばあちゃんのたけのこご飯」

「美智子おばあちゃんのたけのこご飯」

岡山県岡山市の石原美智子さん73歳に「たけのこご飯」を教わりました。今回は特別に野外で調理をします。手作りの竹筒で炊く“たけのこご飯”は香りが豊かな一品。実際に竹林に入りたけのこ掘りに挑戦するほか、意外と知らないあく抜きの方法を紹介します。

放送日時
6月1日(木)夕方5時40分~
4ページ中1ページ目
ページトップヘ