放送内容

放送日時:3月11日(土)午前11時45分~12時00分

「芙佐子おばあちゃんのサツマイモとネギの甘辛煮」

「芙佐子おばあちゃんのサツマイモとネギの甘辛煮」

今回お料理を教えてくれるのは香川県観音寺市の吉川芙佐子さん(77)
ご近所さんからいただいたお野菜を、美味しい料理に調理してお返しするのが芙佐子おばあちゃん流物々交換。「みんなの喜ぶ姿を見ること、それが嬉しいの」「人に喜んでもらうには、まず自分が楽しまなくちゃね」の言葉から充実した日々が伺えます。
今回もご近所さんにいただいたサツマイモ、ネギ、ニンジン、インゲンを使って、「サツマイモとネギの甘辛煮」を教わります。伊吹島出身の芙佐子おばあちゃんの思いでの島の味です。心がほっこり温まる優しい味ですよ。お楽しみに。

放送日時
3月11日(土)午前11時45分~12時00分
放送日時:2月25日(土)午前11時45分~12時00分

「和子おばあちゃんのセロリのお好み焼き」

「和子おばあちゃんのセロリのお好み焼き」

岡山県総社市山手地区は県内唯一の「セロリ」の生産地。今が旬の山手産のセロリは、さわやかな香りと肉厚、みずみずしさが特徴で大人気ですが、このセロリをもっともっともっともっと知ってもらい、食べてもらいたいと「応援隊長」を務めている阿部和子さん(72)に今日は「セロリ」を使った「お好み焼き」を教わります。キャベツの代わりに「セロリ」を使った栄養満点のお好み焼きです!豚肉や天かす、鰹節のかわりに意外なあの食材を使うのですが、、、想像を超える美味しさです。お楽しみに!

放送日時
2月25日(土)午前11時45分~12時00分
放送日時:2月11日(土)午前11時45分~12時00分

「益江おばあちゃんの里芋まんじゅう」

「益江おばあちゃんの里芋まんじゅう」

ヘルシーランチが人気の瀬戸内市のカフェ「舎和(とわ)」で忙しく腕をふるう大亀益江さん(73歳)は55歳から料理学校へ通い、なんと61歳で開業した元気いっぱいのおばあちゃん。

益江おばあちゃんの元気の源は「学ぶこと」。55歳で退職するまでは、小学校や養護学校で教諭として子供たちと共に学び、その後は、料理学校で、そして今は日々の仕事の中でも学び続けているそうです。今日は、旬の食材や調理法のリサーチ、そしてお客様に喜んでもらえる味付けなど、日々考え、学び続けることが楽しくて幸せだと語る益江おばちゃんに旬のサトイモを使った「里芋まんじゅう」を教わります。和食料理店で食べたあの味をご家庭で再現できちゃいますよ。お楽しみに―!

放送日時
2月11日(土)午前11時45分~12時00分
放送日時:1月28日(土)午前11時45分~12時00分

「朋子おばあちゃんのトマトのスープ」

「朋子おばあちゃんのトマトのスープ」

美容師歴64年の長谷部朋子さん(82歳)は今も現役の美容師。50年以上も通い続けるファンがいるほどの腕前と人柄で現在もお店に立ち続けています。その元気の素はなんと「トマト」を食べること。
毎日必ずトマトが食卓に上がるそうで、そのレシピは数え切れないほど。中でもトマトのスープは具だくさんで、メインのおかずにもなるほどです。今回はそのトマトのスープの作り方を教わります。
そして、最近「元気の素」が増えたとか・・・一体なにが加わったのでしょうか!?
常に前向きに楽しみながら生きる朋子おばあちゃんから元気がもらえますよ~!

放送日時
1月28日(土)午前11時45分~12時00分
放送日時:1月14日(土)午前11時45分~12時00分

「美智枝おばあちゃんの台湾風春巻き」

「美智枝おばあちゃんの台湾風春巻き」

岡山市東区にお住いの笑顔がトレードマークの三村美智枝さん(84歳)。ずっと笑顔でいられるのは、20年続けている太極拳のおかげ。太極拳のゆったりとした動きは、カラダの芯からリラックスでき、新たなエネルギーを与えてくれるそうです。また、太極拳を通じて新しい友人と出会えるなど、といいことずくめだとか。
今回はそんな元気いっぱいの美智枝さんに「台湾風春巻き」を教わります。台湾の友人から教わった本場の味ですよ!おたのしみにー。

放送日時
1月14日(土)午前11時45分~12時00分
放送日時:12月29日(木)午後2時30分~3時15分

★おばあちゃんの台所10周年スペシャル ★~プロアスリートを育んだ味~

岡山・香川には、郷土が誇る世界に羽ばたくアスリートが数多くいます。
そんな選手たちの体をつくり、心を育てた「味」を紹介。
香川出身でNBAで活躍している
プロバスケットボール選手渡邊雄太さんのおばあちゃんや
岡山在住でオリンピック馬場馬術日本代表の原田喜市さんのお母さんが登場です!
思い出の料理や大好物のレシピを教わりながら、“人生のレシピ”も学びます。

身長2m3cmの渡邊雄太選手のルーツは愛子おばあちゃんにあり!?
その愛情深さに心打たれること間違いなし。
夢は息子の喜市選手と孫が同時にオリンピックに行くこと。
それを支える美枝子おばあちゃんのモットーとは!?
笑いあり、涙ありの45分。
見終わったあとに、心は満たされ、お腹はすくはず・・・

放送日時
12月29日(木)午後2時30分~3時15分
放送日時:12月10日(土)午前11時45分~12時00分

「陽子おばあちゃんの鯛の塩釜焼き」

「陽子おばあちゃんの鯛の塩釜焼き」

倉敷市の自宅を改装して家庭的な雰囲気が魅力の「民家型デイサービス」を運営する草野陽子さん(74歳)。
戦争を知らずに育った陽子さんは、今の平和な暮らしができるのは人生の先輩方が頑張ってくださったからこそ
その方々へ「恩返しがしたい」という強い思いから、63歳の時、一念発起で今のデイサービスを立ち上げました。
また、昔から手料理が大好きな陽子さんは、「口にするものが体を作る」との思いから
デイサービスでの食事はもちろん、おやつまで全て手作り。
時には利用者の方と一緒におやつ作りをすることもあるそうです。
今回は大人数が集まるときや、記念日のおもてなしにぴったりの「鯛の塩釜焼き」を教わります。
食卓が華やかになりますよー。お楽しみに!

放送日時
12月10日(土)午前11時45分~12時00分
放送日時:11月26日(土)午前11時45分~12時00分

「ようこおばあちゃんのオムレツ」

「ようこおばあちゃんのオムレツ」

今回は兵庫県上郡町の香山陽子さん(90)にお料理を教わります。
90歳を迎え外に出かけることも少なくなったという陽子さんですが、若いころは保健室の先生として学校勤めを約30年、その後はご主人と一緒にりんご栽培に力を注いだり、地元のお食事処「楽房円心」で地域の仲間と仕出し料理やお饅頭を作ったり、、、と忙しい日々を過ごされていました。
そんな忙しい日々の中で陽子さんが身に着けたのは「臨機応変」。何事も臨機応変に対応することで忙しい日々を効率よく、楽しく乗り越えることができたそうです。
今回は若い頃からよく作っている「1つでお腹いっぱいになる具沢山のオムレツ」を教わります。最近は市販されている「すき焼きのたれ」を使って効率良く作っています!これも臨機応変!?おたのしみに。

放送日時
11月26日(土)午前11時45分~12時00分
放送日時:11月12日(土)午前11時45分~12時00分

「邦子おばあちゃんのエビの花シュウマイ」

「邦子おばあちゃんのエビの花シュウマイ」

笠岡市の老舗書店を夫婦で営む池田邦子さん(75歳)。
「手仕事」と「オシャレ」が大好きだった邦子さんは、実家が仕立て業を営んでいたこともあり、幼い頃から髪飾りを作ったり、ミシン踏みの練習をしたりと自分の中での「オシャレ」を形にしてきました。そしてアパレル系の会社に就職し本格的に腕を磨き、独立後はなんとデザイナーとして活躍したのです!その後、結婚を機に仕事を離れますが、「手仕事」と「オシャレ」好きの気持ちは今も健在です。
今回はそんな邦子さんにオシャレ仕立てのエビシュウマイを教わります。邦子さんの洋服も器もテーブルコーディネートもオシャレです!!お楽しみに。

放送日時
11月12日(土)午前11時45分~12時00分
放送日時:10月29日(土)午前11時45分~12時00分

「浩子おばあちゃんのスルメのきんぴら」

「浩子おばあちゃんのスルメのきんぴら」

「元気で過ごせるように!」との目標を掲げ、週3日は仕事、残りの週4日は後楽園でのウオーキングに勤しむ佐藤浩子さん(83歳)。ウオーキングを始めてしばらくするとジョギングもできるな~と、なんと12月の沖縄那覇マラソンにエントリー。今はNAHAマラソンに向けての体調管理に余念がありません。
今回はそんな前向きな浩子おばあちゃんに、懐かしい「スルメ」を使った出汁いらずで作れる「きんぴら」を教わります。食材の下ごしらえもピーラーを使うので簡単です。お楽しみに―。

放送日時
10月29日(土)午前11時45分~12時00分
20ページ中4ページ目
ページトップヘ