レシピ紹介


「寿美子おばあちゃんの相差(おうさつ)なます」

2017年11月30日放送(2017年12月2日・3日再放送)
三重県鳥羽市相差町で海女さんをしている中川寿美子さん78歳に「相差なます」を教わります。ダイコン、ニンジン、レンコンなどの野菜のほか、酢でしめたサンマを入れるのが特徴の相差ならではの家庭料理です。また、寿美子さんは母娘三世代で現役海女という全国でも珍しい海女さん一家。知られざる海女さんの生活にも迫ります。
  • 中川寿美子さん78歳1

相差(おうさつ)なます

10人分

材料

材料
生サンマ 5匹
酢(生サンマ酢漬け用) 適量
ダイコン 1本
ゴボウ 280g
ニンジン 4本
レンコン 300g
高野豆腐 4枚
ショウガ 360g
<調味料>
砂糖 900g
薄口しょうゆ 110cc
140g
150cc
粉末だし 少々
うま味調味料 少々

作り方

  1. 生サンマを三枚に下ろし、酢に20分漬けた後、さらに半分に切って5mm程度の斜め切りにする。
  2. ダイコンを細切りにして塩をまぶし1時間おいた後水洗いして絞っておく。
  3. ニンジンを水からゆでて、沸騰する前に、粉末だし少々、砂糖225g、薄口しょうゆ30ccを入れてさらに煮る。
  4. 15分ほど下ゆでしたレンコンを③に加えて落としぶたをして中火でやわらかくなるまで煮る。
  5. ゴボウ、高野豆腐もニンジンと同じ行程でそれぞれ別の鍋でやわらかくなるまで煮る。
  6. レンコン、ニンジン、ゴボウ、高野豆腐もそれぞれ水気を切って冷まし、ダイコンと同じくらいの大きさに細切りにする。
  7. ②に砂糖225gを入れ混ぜ合わせ5分置いてなじませ、酢150cc、薄口しょうゆ20cc、うま味調味料少々を加える。
  8. ⑦に⑥と細切りにしたショウガを入れて混ぜ合わせたら出来上がり!
ページトップヘ