レシピ紹介

「秀子おばあちゃんのサバの磯辺巻き」中国地方

2019年9月21日放送(2019年9月22日・28日再放送)
岡山県浅口市の児嶋秀子さん78歳に「サバの磯辺巻き」を教わりました。ご主人の大好物でお姑さんから教わった代々伝わる味。おせち料理には必ず入るというこの料理。娘さんやお孫さんにも伝授した簡単で絶品の「サバの磯辺巻き」です。
  • 秀子おばあちゃん1
  • 秀子おばあちゃん2

サバの磯辺巻き

4人分

材料

材料
サバ 1/2匹
のり(巻き寿司用) 2枚
ミツバ 1/2束
紅ショウガ 35g
サバ下ごしらえ用
15g
400cc
昆布 10g
ショウガ 1片
薄焼き卵用
2個
砂糖 少々
少々
サラダ油 少々

作り方

  1. サバに塩を多めに振って冷蔵庫で4~5時間置いて身をしめる
  2. 容器の底に昆布を敷き、サバを置き、皮がついたままスライスしたショウガをサバの上に乗せて
    酢を入れ、一晩冷蔵庫に置く
  3. 鍋で湯を沸かし塩を入れ、ミツバをさっと湯通しする
  4. 卵を割り、砂糖少々、塩少々を入れよく混ぜ、フライパンを熱し薄く油をひき、薄焼き卵を作る
  5. ②のサバを取り出し、骨を抜き皮側から斜めに包丁を入れ、薄く切っていく
  6. のりを広げ④の薄焼き卵を乗せ、その上に⑤のサバを隙間なく敷き詰める
  7. さらに③のミツバと紅ショウガを乗せのり巻き状に巻く 巻き終わりを②の酢を塗り留める
  8. ⑦をフライパンで転がしながら炒り焼きにし、のりが締まってきたら取り出し、
    食べやすい大きさにカットして完成
ページトップヘ