レシピ紹介

満惠おばあちゃんのあべ川もち(白玉だんご)

2011年10月12日放送(1月18日再放送)
赤磐市の原田満惠さん(86歳)から教えていただいた「あべ川もち」などを紹介しました。

先週に引き続き料理を教わるのは赤磐市の満惠おばあちゃん。今回はお母様から教わったというあべ川もち(豆腐入りの白玉だんご)を伝授してもらいました。昆布酢を使った常備菜も簡単で懐かしい味です。
  • 満惠おばあちゃん1
  • 満惠おばあちゃん2

あべ川もち

人分

材料

材料
白玉粉 100g
豆腐(絹) 100g
きな粉・砂糖・塩 各適量

作り方

  1. 白玉粉と豆腐を混ぜる(固さに注意)
  2. 丸めて茹でる
  3. 団子が浮き上がったら茹で上がり
  4. 冷水に入れて冷ます
  5. きな粉に砂糖を、塩をあわせる

    ※団子は、まず、きな粉だけをまぶしておき、食べる時に砂糖入りのきな粉をかける。

タマネギの酢浸け

人分

材料

材料
タマネギ 1個(250から300gのもの)

作り方

  1. 作りおきしておいた昆布酢(10月5日放送のレシピ「満惠おばあちゃんのキノコごはん」参照)にタマネギのスライスを浸ける

酢ゴボウ

人分

材料

材料
ゴボウ 1本
昆布(酢に一晩漬けたもの) 適量
砂糖 大さじ3から4

作り方

  1. ゴボウは皮をこそげ、短冊切りにし、水にさらして灰汁を抜いておく
  2. 酢からあげた昆布は角切り
  3. 鍋に水、ゴボウ、昆布を入れてやわらかくなるまで煮る
  4. 最後に砂糖をいれて炊き上げる
ページトップヘ